【調査会社?探偵?自力?】浮気調査の方法、種類まとめ

浮気調査で最も重要な事は、浮気の証拠を掴むことです。具体的な例としては、浮気現場の写真、浮気相手との電話の通話履歴やメールのやりとりの記録などが挙げられます。こうした証拠を掴む方法として考えられるのは、相手の行動調査と物的証拠の捜索です。
行動を調査する場合、一般的なのは尾行や聞き込み、よく行く店などの張り込みです。こうした方法は自力で行うには難しく、相手にバレるおそれがあるので、調査会社や探偵に依頼することになるでしょう。ただし、最近はスマートフォンの普及でGPS付きの携帯電話が増えているので、自宅にいながら相手の位置情報を入手して居場所を特定することも可能です。この方法であれば、探偵などに依頼する必要はありません。
物的証拠を調査する場合は、不貞行為を働いていた証拠を見つけることが主になります。不貞行為とは、浮気相手との継続的な肉体関係のことをいいます。メールや通話履歴、使用済みの避妊具などもある程度の証拠にはなりますが、最も有力なのはラブホテルへ出入りする写真や、自宅に設置した隠しカメラの映像などです。
どのような方法を選択するにしても、決定的な証拠を掴まなければ無駄な労力を使っただけになってしまいます。特に調査会社や探偵に依頼する場合は費用もかかるので、無駄に終わるのは避けたいところです。そうしたことを防ぐためには日頃から相手の言動に注意し、何かを隠すような行動やお金の使い方の変化など、浮気の兆候を見極めてから調査することが大切です。

浮気調査の前に知っておきたいこと:成功報酬について

奥さんが昼間に他の男と会って浮気をしているのではないかといった疑いの気持ちを持った際、旦那さんの立場としてはプロの探偵社に浮気調査を依頼するなどして、何としてでも証拠を掴みたいと考えるものです。
配偶者に浮気の疑いがある場合、されている側の立場としてはこれほどの精神的な苦痛はないのです。
従って信頼できる探偵社に浮気調査を依頼したいものですが、浮気調査を頼む場合は成功報酬型の探偵社や調査会社もあります。
せっかくお金を払って調査を依頼するのですから、もし奥さんの浮気の現場の証拠写真などが入手できなかった場合、依頼した側としてはお金を払いたくありません。
成功報酬型と聞くと、このように証拠写真を掴めなければ費用は0と解釈しがちですが、実態は必ずしもそうではないので十分注意が必要です。
例えば日々の探偵員の日当が必要な場合があります。
これは金額は少額な場合が多いですが、何日たっても決定的な証拠がつかめないとの理由で調査日の延長を連絡してくることもあります。
結果、最終的に奥さんの浮気現場の決定的な写真はとれず、成功報酬としての費用は必要なかったが、探偵員の日当だけで結構な額になってしまう、といった例もあるのです。
また、浮気現場の写真を撮れた場合、非常に高額な成功報酬を請求されることもあり、日当と合わせてかなりの出費になってしまった例もあるのです。
従って探偵会社を選ぶ際は、事前に十分に検討して選ぶ必要があります。

浮気被害者のお話…『浮気をされたら完全には忘れられないですね』

浮気ってどこまでが浮気なのかって人それぞれだと思いますが、私はパートナーに隠れて異性と会うことが浮気だと思っています。なので、夫が会社の年下の女性と私に内緒で隠れてご飯を食べていたというのも浮気だと思いました。しかし夫はただご飯を食べたと言い張りました。証拠がなかったのでそれ以上問い詰めることはできませんでした。でも確実に体の関係があったと思っています。私には残業をすると言って、女性と会っていたので・・・。

 

それ以来浮気を問い詰めるためには、証拠がないとだめだと思うようになりました。夫が寝ている時、お風呂に入っている時に、スマホのロックをはずすためにあれこれ試すようになり、やっとロックを解除することができました。やはりその女性とホテルで浮気をしていたので、写真やメールをすべて私のスマホに転送しました。そしてもう一度夫に浮気を問い詰めると、ごめんなさいと土下座をして謝ってきました。子供がいるのですぐに離婚はできませんし、許すことにしました。

 

それ以来夫は浮気をしていませんが、私のことが怖くなったようで優しくなりました。浮気をされたことはとても辛いですが、こういうこともあるなと今は考えられるようになりかなり心の傷が癒えてきました。何事も人生経験だと思って前向きに生きています。しかし、時々浮気をされたことを思いだしてもやもやすることは今でもあります。夢にみたりもします。浮気されたら完全には忘れられないのかなと思います。

 

>>浮気調査の費用で損をしない方法とは?探偵・興信所の料金を安く