浮気調査で興信所を使うメリットとデメリット

配偶者や婚約者が浮気をしているかもしれない……となった際には、確かな証拠を掴むために興信所を使うことになります。
浮気調査で使うときのメリットは、やはりプロということで、様々な機器や培われた技術によって証拠を掴んでくれます。
不貞行為として訴えるときには写真など、他の誰から見ても明らかに不貞を行っていることがわかる証拠が必要になります。
自分で張り込みや尾行を行うのは難しく、相手にバレてしまった場合にはトラブルに発展することも考えられます。
また、機材などが十分ではなく、現場を目撃したものの、証拠の確保には至らないこともあるかもしれません。
興信所へ依頼をすると、調査員は打ち合わせで決まった日に張り込みや尾行を行い
実際に不貞行為が行われていた場合は写真を撮影するなどして証拠を確保します。
しかし、浮気調査依頼にはデメリットも存在します。
まず、当然ですが、自分で行うよりも金銭面の負担が大きくなります。
調査会社によって金額は様々ですが、調査の日数が長くなればなるほど、どうしても高額になってしまいます。
また、会社は数多く存在していますが、残念ながら「悪徳会社」と言わざるをえないようなところもあります。
調査に動員する調査員の数を水増しして依頼主に報告し、その分の料金を請求してきたが
実際にはその半分しか動員していなかった、というケースや
完全成功報酬型と謳いながら、尾行が成功しただけで証拠の確保には至っていないのに費用の請求をするケースなどがあります。
興信所を探す際には、担当の弁護士に紹介してもらうか、地域にある調査士会に相談して紹介してもらうなどをおすすめします。

浮気調査の前に知っておきたいこと:成功報酬について

奥さんが昼間に他の男と会って浮気をしているのではないかといった疑いの気持ちを持った際、旦那さんの立場としてはプロの探偵社に浮気調査を依頼するなどして、何としてでも証拠を掴みたいと考えるものです。
配偶者に浮気の疑いがある場合、されている側の立場としてはこれほどの精神的な苦痛はないのです。
従って信頼できる探偵社に浮気調査を依頼したいものですが、浮気調査を頼む場合は成功報酬型の探偵社や調査会社もあります。
せっかくお金を払って調査を依頼するのですから、もし奥さんの浮気の現場の証拠写真などが入手できなかった場合、依頼した側としてはお金を払いたくありません。
成功報酬型と聞くと、このように証拠写真を掴めなければ費用は0と解釈しがちですが、実態は必ずしもそうではないので十分注意が必要です。
例えば日々の探偵員の日当が必要な場合があります。
これは金額は少額な場合が多いですが、何日たっても決定的な証拠がつかめないとの理由で調査日の延長を連絡してくることもあります。
結果、最終的に奥さんの浮気現場の決定的な写真はとれず、成功報酬としての費用は必要なかったが、探偵員の日当だけで結構な額になってしまう、といった例もあるのです。
また、浮気現場の写真を撮れた場合、非常に高額な成功報酬を請求されることもあり、日当と合わせてかなりの出費になってしまった例もあるのです。
従って探偵会社を選ぶ際は、事前に十分に検討して選ぶ必要があります。

浮気被害者のお話…『心の浮気から別れることに』

浮気ってどこからが浮気だと思いますか?これって、人によって違うんですよね。Hからとかキスからとかって言う人もいるし、心の浮気や手を繋いだ時点でアウトと言う厳しい人もいます。自分は、キスからがアウトだと思うのですが、心の浮気は、要注意ですね。

 

彼女がいました。半年ぐらい仲良く付き合っていました。しかし、段々と喧嘩が増えるようになりました。だいたい最初の三ヶ月は、誰でもいちゃいちゃとしているものです。そして、2,3年経つと、倦怠期というか相手のことを殆ど解かってしまうものです。半年ぐらいって、微妙な時期なんですよね。ラブラブなカップルもあれば、喧嘩ばかりして新鮮味がなくなってくるカップルがあるのも事実です。

 

やっぱり、以前より距離感が遠くなったなと感じていました。そんな時、相手から、気になる人がいるのよねえと言ってきました。今となっては、ヤキモチを焼かせるためか間接的に別れてと言いたいのか解かりません。しかしながら、喧嘩も多かったし、友人だったため、そいつと付き合えばいいのかなと素直に思いました。よく考えてみると、りんごもみかんも好きになる事があると哲学的なことをその前に言っていました。その例えだったのかもしれません。果たして、自分は、りんごだったのかみかんだったのか今となっては知ることが出来ません。

 

心の浮気は、知らず知らずに態度に出ています。現代だと、彼氏と話しているのにスマホをいじるようだと、ある意味、スマホに心の浮気をされていると言えます。カフェとかレストランでスマホに心の浮気をされている男性をよく見る時代となりました。

 

>>浮気調査の費用で損をしない方法とは?探偵・興信所の料金を安く